« 花ざかりの君たちへイケメン☆パラダイス2011  広島型原爆 | トップページ | 太陽光発電 費用対効果 2 »

太陽光発電 費用対効果

太陽光発電を導入する前から

費用対効果は気になっていた。

その頃は補助金の額も少なくまた、先行投資に高額な負担が強いられることもあり、あまり乗り気ではなかった。


しかし、住宅メンテナンスの時期がきたため、検討せざるをえなくなった。

住宅メンテナンスについては ここでは割愛することにしよう。

太陽光発電をこの機会に導入するか否かを話し合っていたところ、

屋根の形状、方角、設置しやすい状況か否かなど・・・費用の算出に影響を及ぼすものが多々あった。

我が家の場合、一面にのらないため、パネルを分割して南面のみ設置することにした。

約3キロワットである。


先行投資額の概算は

1キロワット=約70万

IHクッキングヒーター 約30万

合計=約240万としていた。


住宅メンテナンスと同時だったため、当初の費用の概算より実際の金額はやや少なめとなった。


ココで大事なことが抜けている。

そう、補助金制度活用である。

住宅メンテナンスのことしか頭になかったので、補助金制度など全く知らなかった。

だが、住宅メーカーの担当者がいろいろと調べてくれ、活用方法を知らせてくれた。

今から思うと、良心的な対応だったのかもしれないと感じる。


国が1キロワット=7万、県が1キロワット=7万、市が1キロワット=3万

トリプルで補助金を受けることができたのも、担当者の軽快なフットワークがあったからと思う。

現に、県の申請は3日間で助成額予算オーバーになったため、年度途中で補助金を一時受けられない状況になっていた。(担当者は朝8時過ぎに窓口へ到着し、申請手続きをして間に合ったと言っていた。後ろには長蛇の列があったとも。)

その後は補助金額が減額されたらしい。

ややもすると、そうなっていたかもしれないのであるから、担当者の労力に感謝している。


そういう経緯はあるものの、

補助金があるとないとでは雲泥の差を感じる。

先行投資額が200万を超えるわけだから、家計に与える影響は大きいのだ。


これやあれやで、

我が家に太陽光発電装置が設置された。


次につづく。


« 花ざかりの君たちへイケメン☆パラダイス2011  広島型原爆 | トップページ | 太陽光発電 費用対効果 2 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ