« リニアモーターカー はいらない! | トップページ | 乳がん検診 »

太陽光発電設置(2009.10)から

太陽光発電を設置して8年目になった。

設置後の全体的な感想としては、費用対効果は高くないということ。
3.1kwしかないということが大きい。4.0kw以上はないと太陽光発電のメリットがあまりないと思った。

2011年当時は太陽光発電事業を推進していて自治体の補助金も多かった。
設置のメリットばかりが強調されていたので、それにのせられた感じだ。
当時はソーラーパネルの値段が高くて、現在の約3倍。償還期間が約11年(2021年)。買い取り価格は48円(設置後10年間は保証)
現在は28円まで下落している。
思ったよりも得をしていない。費用対効果は・・・ほとんど??

ただ、東日本大震災が起こったときに自家発電することの重要性に気付かされた。
福島の原発事故による損害費用を電気料金に上乗せされており、終息の目途がついていない現在、今後もうなぎ登りに上昇するだろう。
それよりも、原発に依存しない、原発を稼働させないために個々が自家発電する方法を探す必要性を感じた。

今後は自家発電した電力を蓄電させる設備を導入することを考えよう。
雨の少ない、晴れの日が多い地域に住んでいるため太陽光の活用はしやすい。
これから自分にできることを考えよう。

« リニアモーターカー はいらない! | トップページ | 乳がん検診 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電設置(2009.10)から:

« リニアモーターカー はいらない! | トップページ | 乳がん検診 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ