« スターバックス ステンレスボトル ご当地 355ml ふたのパッキン | トップページ

飼い猫 尿道結石

昨年 飼い猫 事件簿

ノルウエージャンの雑種らしい 飼い猫
拾った時から 結石ができやすいと獣医さんから言われてました
早々から結石予防の療法食を食べてます
が・・
約7歳  高齢になってきたためか 尿の出が悪いこともしばしばありました。
1日 排尿がないため 慌てて夕方動物病院へ連れていきました。
何度もカテーテルで結石を排泄させようとしてくれましたが、完全に詰まっている様子です。
ほっておくと 急性腎不全になり、死亡するケースも多いと説明されました。
相談する余地もなく 手術費も聞かず、緊急手術をお願いしました。
手術は尿道を切除し、尿道部分を広げて排尿出口を作ると言われました。
オス猫だった飼い猫は 手術により メス猫になりました。
夫に手術の説明をすると、血の気がひいてました。ペニスを切るなんて想像しただけでも、痛いだろうと。。。
4日ほど入院し、退院後はエリザベスカラーをしてました。
術後7日目に抜糸しましたが、若干出血がまだあったので あと5日ほどエリザベスカラー。
自分で排尿後に舐めることができないため 全身がおしっこ臭いです。
おしっこ臭をまとった飼い猫は 私の布団で一緒に寝ます。
私も飼い猫のおしっこ臭をまとって 生活していました。
術後2か月経ち、一度に大量の排尿をしております。
トイレにはチョコチョコ行かなくなりました。
飼い猫の性転換手術は完了です。(生後半年で睾丸を切除し、7歳でペニス切除)
でも、気持ちはオス猫ですけど。

« スターバックス ステンレスボトル ご当地 355ml ふたのパッキン | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飼い猫 尿道結石:

« スターバックス ステンレスボトル ご当地 355ml ふたのパッキン | トップページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ