« 2019年1月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

二枚爪に悩みます

加齢に伴う悩みはいろいろありますが、

皮膚が薄くなること。

爪も皮膚の一部ですから薄くなって弱くなります。

家事に支障がでるので、爪の補強のため購入しました。

O・P・I NAIL ENVY

一日おきに塗り重ねて、一週間後にリムーバーで取ります。

自爪が強くなっていきます。

普段は全くネイルをしませんが、これはいいと思いました。

 

ネイルサロンに行くことは何度もありますが、ジェルなどの施術をしてもらうことはありません。

自爪を整えてもらうだけです。

指先は細かい作業にとても重要な身体の部位です。

整えることの大切さを感じます。

住宅用太陽光発電 FIT買取期間の満了しました。

資源エネルギー庁から、https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/taiyoko_manryo.html

太陽光発電の余剰電力買取制度(2009年11月スタート)では、買取期間が「10年間」と設定されていて、2019年の秋以降、買取期間の満了をむかえる太陽光発電が出始めます。 

と広報されたのは約1年ほど前。

終了することは分かっていても、次にどうすればよいか判断できなかった。

1kw 48円の買い取りが➔7.8円になりました。

電力会社を選べることは知っていても、なんとなく煩わしいと思ってしまう。

 

もう一つの選択肢として家庭用蓄電池の購入。

これが、結構なお値段で、ソーラーパネルを設置したときと同じぐらいかかる。

2009年買い取り制度スタートの年は、国と県と市が助成金をそれぞれ補助してくれたため、思ったより安価に設置できた。

家庭用蓄電池の助成制度はあるが、自治体によって差があるし、1kw 3万円とか・・上限15万とか・・

そんな自治体が多い。ところによっては、多く助成してくれるところもあるらしいが・・。

 

設置費用を含めて、200万以上かかるのなら、もう少し待つかな。

家庭用蓄電池の需要が上がれば、コストも下がるし、機能が向上した安価な蓄電池が普及すればいいなと思う。現在、災害で停電になったら、昼間ならソーラー発電で過ごせる状況です。

蓄電池があれば24時間対応できるようになるから、早く導入したい気持ちになる。

家庭用蓄電池を設置したら、電気自動車に買い替えます。

 

それまではハイブリッドカーで、省エネ運転をします。

ESTA Expiration Warning (ESTAの有効期限の警告)

以前 記事に書きましたが、アメリカ合衆国へ入国する際の手続き

ESTA申請には期限があります。

ESTA申請する際に設定したメールアドレスへ約1ヵ月以内に期限切れ通知のメールが届きます。

新しい渡航認証を申請しなさいと!

30日以内だと新規申請よりも簡単に済みますよと。

 

今回はアメリカ合衆国へ行く予定が近々ないため、申請しませんけど。

今のトランプ政権の国には興味がないですから。

 

« 2019年1月 | トップページ | 2020年2月 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ