« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年3月

医療費控除

医療費控除はその年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。

家族内で一番所得税を支払っている人が医療費控除手続きをした方がいいです。還付金がたくさんもらえます。

医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

実際に支払った医療費の合計額-保険金などで補てんされる金額-10万円


確定申告書を作成する際には給与所得の源泉徴収票が必要となります (世帯の中で一番給与所得の多い人の源泉徴収票)

医療費の領収書から「医療費控除の明細書」を作成し、確定申告書に添付してください。

医療保険者から交付を受けた医療費通知がある場合は、医療費通知を添付することによって医療費控除の明細書の記載を簡略化することができます。

なお、医療費控除の明細書の記載内容を確認するため、確定申告期限等から5年を経過する日までの間、医療費の領収書(医療費通知を添付したものを除きます。)の提示又は提出を求める場合があります。

☆医療費控除明細書(エクセル、PDF)を入力してけば、年末に慌てなくてすみます。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ