« 2020年3月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

消毒液

覚えのため・・・

新型コロナウイルス感染拡大のため、マスクも消毒液も不足している。

転売ヤーが3月ごろは大儲けしたというマスクは、取り締まりが厳しくなったことと、価格が下がってきたことで手に取りやすい状況になってきた。

しかし、消毒液はなかなか・・特に 75%消毒用エタノールがない。

消毒液にはいろいろな種類がある。

・次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)はウイルスにも効果がある。アルカリ性。希釈後は使用期限が短い。手指消毒には使用できない。

次亜塩素酸カルシウム(さらし粉)中性。固形を溶かすとカルシウムが解け残る。プールの消毒などに利用されていた。

・トリクロロイソシアヌル酸は酸性。現在のプールの消毒に使われている。無臭

・ジクロロイソシアヌル酸ナトリムは中性。塩素濃度が下がりにくい。塩素臭がしない。

・次亜塩素酸水 塩と水から生成される、弱酸性で手指消毒可能。次亜塩素酸ナトリウムと同等の効果があると言われているが、実証実験はされていない。

 追記2020/6/29 実験結果は汚れをふき取り、ひたひたにして20秒後にふき取る・・効果はあるが、めんどくさい。

ベンザルコニウム塩化物液(逆性石鹸)は、ウイルスには効果がない。殺菌消毒薬で、細菌には効果がある。

 逆性石鹸は医療現場では良く使われる(傷の消毒とか)。

 消臭効果があるため、室内干しの臭いを消す効果がある。

 生ごみの消臭効果もある。200倍に希釈したものをスプレーする。

消毒と一言で言っても、その成分によって効果が違う。思い違いでリスクを負うことにならないように注意!

パソコン購入

パソコン購入を決定。

メーカーを迷ったが、家に持ち帰る仕事がないので、それほどの機能はいらない。

HP Pavilion 13-an1000

を注文した。

しかし、コロナ禍の影響でテレワークが推進され、パソコン納入に期間を要すると言われた。

エラー表示されるラップトップがまだ動いているうちに届いて欲しいが・・。

2020/6/14

パソコンが到着しました。

ヒューレットパッカードのパソコンは初めてです。キーボードの並びが違うので打ち間違い多々・・。

ファンクションキーも違うので、慣れるまで困りそう。

給付金はこのパソコンで消えました。

 

それ以外に、Wi-Fiが今一つなので、LAN環境を改善するため中継器も購入します。

テレワークが続くので、投資が必要です。

 

その前に政府から届くはずのガーゼマスクがまだ届かない。→やっと6月初めに届いた。今更遅いし、使えないわ~

不良品が多くて返品騒ぎになり、発送を止めているとか?!

何をやってるんだか・・466億円も使って・・私も収めているが、血税を何だと思っているんだ!

官房長官が466億円の予定だったが250億円ほどにおさめたとか、偉そうに言っていたが、何の言い訳?

 

 

パソコン再起動を繰り返す→東芝 Dynabook寿命

パソコン 再起動を繰り返し始めた。

20200508-172618

Windows アップデートはしているから、それじゃない。

ハードディスクの問題?

ハードそのものの問題?

とりあえず、必要なデータはバックアップを取った。

東芝 Dynabook 2014年購入だから、そろそろ寿命?

そんなに酷使していないのに、短くありませんか?

 

コロナウイルス感染の影響で、国民1人に10万円給付されることになったから、それで購入しようかな。

 

 

新型コロナウイルス 2020

記録に残すためブログへアップ

 

約10年後にまたもやパンデミック。

新型インフルエンザが世界中で蔓延したのが10年ほど前。

今回のは感染していても無症状である人が多いのが特徴。

そのため、人から人へ感染拡大している。

 

そもそも、DNAをもたないウイルスって、面倒。

RNAだけだと容易に変異できるから、宿主から媒介し、次の宿主への段階で豹変していることもある。

 

ワクチンやら治療薬やら・・ぴったり合うものを開発するのはすぐには無理。

その間にどんどん感染して、重篤化すると死んでしまう。

軽症で難なく免疫(抗体)を作ってしまう人もいるから、ウイルス感染が怖いと 一概には言えない。

 

集団免疫という方法だと、市中感染を促進?させて半分以上の人が感染すれば、免疫獲得?! 

そういう場合は、老人と病弱の人は家から出なくて、それ以外の人は普通に外出して活動する。

しかし、一定の割合で元気な人の中でも重篤化して死ぬ人がでる。人口比率だとどれくらいだろう。

健康な人が母数となるから0.1%ぐらいかな・・・。だとすれば、死者は10万人?程度

10万人の人が死ぬことを是非として、通常の生活をすれば、経済活動はひっ迫しない。

現在、観光業や飲食業などがひん死の状態だがそれは改善されそうだ。

だがこれには政府の大きな決断がいるだろう。我が国のあの人が決断できるとは思えない。たぶん無理。そこまで考えられない。

無能とまでは言わないけど、器じゃない。

 

その後、どういう経過をたどるか・・記録に残しておこう。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年6月 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ