« 戦後75年目の夏・76年目の夏 | トップページ | エンジェルス 大谷選手 »

地域猫・保護猫

「地域猫」

地域の方の周知・理解の上で、もともとは飼い主がいない猫が、地域の皆さんやボランティアの協力で、不妊・去勢手術をされ、毎日の餌をもらい、地域の皆さんによって適正に管理されている、そんな猫たち

地域猫活動を行っているボランティアやNPO団体によると

地域で人と猫が快適に共生できるようを地域の力で問題を解決すること、それを通じて、子どもたちにも動物に対して思いやりの心を持って欲しいという願いを込めることが大切だと考えています。

猫好きな私としては、増え続ける外猫がぞんざいに扱われることが許せなく思う。繁殖し子孫を残すのは動物としては当たり前のこと。そのことで人との共存が難しくなるから、繁殖をコントロールしようということ。そのことには賛否両論あるけれど、直面している当事者からすれば、待ったなしの状況で、T.N.R.:捕獲器(Trap)で一時的に猫を保護し、病院で不妊・去勢手術(Neuter)を行い、元の生活場所に戻す(Return)ことを推進するしかないのだと思う。

地域猫活動には、多くの支援が必要で地道な広報活動を含め、地域猫の管理など本来なら行政が主導権を握ってほしいところである。心優しい人たちが自分の時間を犠牲にして、地域猫活動を支えているのが現状である。

私も微力ながら協力してきたが、2021年はさらに協力できるようにしたいと思う。とりあえずはクラウドファンディングへの支援と毎月金銭的支援は続けようと決めた。コロナ禍で集合して活動することは避けたいため、要請があれば動きたい。

【クラウドファンディング 第2】大量の野良猫犬が命を落とす動物医療過疎地に、不妊去勢専門病院を!

広島県 因島に不妊去勢専門病院を作る資金を援助した。といってもわずかな額ですけど。

NPO法人 西日本アニマルアシスト(NAA)

 

マスキングテープ専門店このはな

ここでマスキングテープを買うと、保護猫ボランティアに寄付されるそうです。初めて買いましたが、次も買おうと思います。

保護猫施設です。購買部で買った代金は、運営費に充てられます。

« 戦後75年目の夏・76年目の夏 | トップページ | エンジェルス 大谷選手 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦後75年目の夏・76年目の夏 | トップページ | エンジェルス 大谷選手 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ