日記・コラム・つぶやき

ICOCA(イコカ)

名古屋へ出張することになった。

自宅は西日本なので、JRで名古屋まで行く予定だ。

ICOCAを持っていて、東京でも使えるのだから、名古屋では使えるだろうと思っていた。

しかし、

名古屋市営地下鉄、バスには使えない。( ̄○ ̄;)!

PITAPAも、SUICAも・・・使えない。(;´д`)トホホ…

え~!  マジですか。

西日本と東日本では大丈夫なのに、中日本では無理なのだ。

JRが分かれているからって、相互利用は可能にして欲しいと思うのだが・・。

ICOCA(イコカ)は西日本旅客鉄道が運営する電子マネー。

これまであったJスルーカードや定期券をFelica搭載のICカード化したもの。

電子マネーとしても駅のコンビニや自販機などで支払ができる。

東京出張の時、イコカを使える範囲で使ったのだが、メトロでは使えなかった。

やむなく、パスモを購入し、移動には使用した。

今回の移動にはメトロが一番利便性が良かったためである。

SUICA(スイカ)でも良かったのだけど、JRで最後に精算するのが面倒だったということもある。

ま、余談はこのくらいで。

今回、名古屋中心部を移動するのに、地下鉄と市バスを使うことになりそう。

しかし、ICOCA(イコカ)は使えないしなぁ。

名古屋市営地下鉄のHPでは 「ユリカ」というプリペードカードが載っていた。

これだと、市バスと地下鉄を網羅できそう。

しかし、プリペイド料金を使い切れるかどうか・・

少額を買って、残りを現金でかなぁ。 どちらにしてもめんどくさい。

急ぐときはプリカが便利だけど、今回は1回ずつ発券機で乗車券を買うことになりそうだ。

名古屋は行ってみたい名所・旧跡がたくさんあるのに、移動手段の支払いで不便さを感じるのは残念なことだ。

旅行客に利便性を感じてもらえるように、改善してもらいたいものです。

入れ替え自由 ボールペン

多機能ボールベンの分類に入るのかな。

入れ替え自由のボールペン。

勉強していて色を変えたくなることって あったよな。

ペンの数を増やさず、中のレフィルを変えれば気持ちも一新。

PILOT ハイテックC コレト PILOT ハイテックC コレト

※自分で選ぶ・スタイルフィット用ゲルインクボールペン リフィル!ボール径は3種(0.28 0.38 0.5mm)三菱・スタイルフィットゲルインクボールペン リフィル【合計315円から送料無料】 ※自分で選ぶ・スタイルフィット用ゲルインクボールペン リフィル!ボール径は3種(0.28 0.38 0.5mm)三菱・スタイルフィットゲルインクボールペン リフィル【合計315円から送料無料】

どちらも 文具店やホームセンター、スーパーに陳列されている。

どちらも使っているが、私は スタイルフィットの方が使いやすいかな。

でも、どちらも機能性は十分。書き心地も良い。

あとは、自分の好みかな。

何も知らない主婦でもできる抵当権抹消手続きPart.3

前回、週末に法務局へ書類を提出しました。

その後、2日ほどで連絡がありまして、受け取りに行きました。

受け取った書類は、

登記完了書 2通 (1通は金融機関へ)

登記識別情報通知 土地 1通

登記識別情報通知 建物 1通

登記識別情報通知は、金融機関へ提出するものです。

以上で、全ての手続きは終了です。

最初の気の重さから考えると、とてもあっけないものでした。

あらためて、誰でもできると言えますね。

今回の反省点は多々あれど、新たな手続きや法制度が学べたことが一番の収穫でしょうか。

身の回りの制度など、当たり前に誰かがしていることをかいま見ることができたことは、とても良かったと思います。

今後はもっと、まわりを見てドンドントライしてみようと思いました。

(終)

何も知らない主婦でもできる抵当権抹消手続きpart.2

前回は法務局の相談へ行って、書き方やら書類やらいろいろ教えてもらって帰ってきました。

家に着いてからさっそく 登記申請書を作成。

丁寧に一字一句教えてもらっていたので、書類作成はスイスイできました。

登記申請書はパソコン、ワープロで作成しなくても、手書きでもOKですよ~。

銀行から送られてきた 書類の委任状の書き方もスイスイ~。

書類一式を書き込むのに、何も知らない素人の私でも20分かかりませんでした。

あ~ ホッとした。

書類は前回 リンクしましたが、法務局のQ&Aに記載例がのっていますから、それをそのまま活用することも可能です。

で、本日は、銀行から貸し出しされる資格証明書を取りに行くところから出発~。

前日に銀行へ資格証明書を貸してくださいと電話をして、時間きっちりに取りに行ったのですが、この担当者がこの手続きをよく知らなかったみたいでした。

資格証明書は 私の場合、住宅金融支援機構の会社の代表者の資格証明書(3ヶ月以内に作成されたもの)になるのです。

この時に渡されたのは、住宅金融公庫の時代のもので、使い物ならず・・・。

貸与の一筆まで書いてきたのに、いったいこの苦労は何だったの~~~~~(`◇´*)

まぁ、気を取り直して・・・。

銀行から渡された書類を持って、法務局へ行ったら、案の定 「これ違いますよ。使えませんね~。」と・・。_| ̄|○

・・・また 銀行に取りに行かなきゃならないのか・・・と ガックリしていたら、

「ここでも取れますよ。1000円かかりますが。」 と言われ、銀行へ戻ってもすぐに貸してもらえるかどうかわからないし、行き帰りの時間ももったいないしということで、とりました。

この手続きも法務局の方が丁寧に教えてくれます。

登記印紙(収入印紙とは違います!)が1000円いりますが、お勉強代ですねぇ。

その他に必要な費用は、土地と建物の抵当権抹消の場合は土地1000円、建物1000円 合計2000円(こちらは収入印紙)かかります。

登記印紙も収入印紙も法務局で売っています。(売店のおばさまは丁寧に、必要な印紙の種類や金額、何の申請に使われるのかを聞いて、間違わないようにしてくれました。)

登記印紙を間違って多量に購入しても、どこに使えばいいのかわかりませんからね~。

しかし、トータルでも3000円しか いらないのです。

なぜ、そう言うのかと思われるでしょうが、

最初に、銀行から抵当権抹消手続き費用として提示された金額が15000円~20000円だったからです。 高!

自分ですると 実質 印紙代3000円+交通費(郵送でする場合は送料)+時間と手間。

私の場合、どう見積もっても 3000円+約1000円=約4000円 と言うところでしょう。

じゃあ、使ったと思えば、豪華なランチが食べられます。 いや・・洋服だって買えますよ。

このご時世、1円だって無駄にしたくない。

ご飯の材料代を少し削って節約しても、一気に1万円は削れないわぁ~~。

ということで、お金の面からも、自分のためにも、やってみましょ~~!!

と、ヒートアップしたところで、 今日、全ての書類を法務局へ提出しました。

1週間以内に、間違いなどあれば訂正のための電話がかかってくる予定です。

それが終われば、抵当権抹消されました等の書類を受け取りに行って、終了♪

奥様方、提出までに2日(私の場合)あれば、できます。

要領よくすれば1日もいりません。 だって、実質、法務局へいた時間はトータルでも30分以内ですもん。

提出に30分、後日 受け取りに10分 + 移動時間 ぐらいでしょうか。

私は法務局へ行くついでに、銀行、郵便局を廻り、ディスカウントストアーやスーパーで買い物をして一日の外出用事を一気に終わらせました。

ついでに法務局へという感覚でどうでしょう~。

最後に、何もわからないおばちゃんに対して、法務局の方はとても丁寧に、親切に対応してくれました。

わからないことは、どんな些細なことでも聞きましょう。

一字一句 聞きましょう。

わかるまで、同じことを何度聞いてもOKです。

嫌な顔せず、答えてくれますよ~。

今度から法務局へは行きやすくなったわ。 って、行くことがあるんだろうか・・・疑問。

何も知らない主婦でもできる抵当権抹消手続き

住宅ローンを払い終えると、銀行から連絡がありました。

住宅ローンを完済されましたので、抵当権抹消の手続きをさせてもらいます。 という内容でした。

「何ですか?それ。」

「土地と建物を担保にしてローンを組んでおりましたが、ローンを払い終えましたので、抵当権をなくするというものです。」

「はあ。よくわかりませんので、書類を送ってもらえませんか。」 と言うのが、精一杯でした。

電話を切ってから、ネットで抵当権抹消を検索すると、抵当権抹消登記手続きを自分でするホームページを見つけ、いろいろと読んでみました。

正直、こういう文書に関わったことのない人間には さっぱりわからん ( ̄Д ̄;; 

ちょっとぐらいなら自分でやってみようかな~~と 安易に構えていたが・・ムリ _| ̄|○

だけど、一生に一回の経験よ!と自分を奮い立たせ、まずは法務局のサイトへ。

そこの不動産登記をクリックして、登記・供託インフォメーションサービスをクリック。

登記の申請書様式の抵当権の登記を抹消する場合の申請書の様式・記載例をクリック。

すると 書式の記入例が出てきた。

公的文書を見る機会のない私は、この時点でかなり疲労困憊・・_ノフ○ グッタリ

銀行から2週間ほどたった頃、書類が送られてきた。

それを見て、また_ノフ○ グッタリ

何を書けば良いのかさっぱり~ お手上げ (;´д`)トホホ…

自分でほんまにできるんかいな? と 不安がいっぱいになったので、

管轄の法務局へ電話をかけてみた。

そしたら、「登記相談がありますから、銀行からの書類と、認め印を持って来てください。」 と。

この時は仏の声に聞こえたわ~

法務局など、何をするところか詳しく知らなかったので、電話をかけるときもドキドキ。

でも、一歩を踏み出せてよかった~ と思ったのでした。

私の管轄は岡山地方法務局だったので、そちらへ出向き、書類の書き方やら、添付書類のことやら、印紙のことやら、教えてもらいました。

どうも、行政窓口は敷居が高いという印象を持っている私は、法務局へ行くまでも数日悩んでいたのですが、行ってみれば、ものの10分ほどで説明は終わりました。

次回は書類を作成して、添付書類をそろえて、いざ出陣じゃ!

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ